脱毛ワックスは痛い?原因と対策

アンダーヘアを手軽に処理でき、お財布にも優しい脱毛ワックス。でも始めての人は「痛いんじゃないの」という不安がつきもの。

 

口コミやSNSなどで「死ぬほど痛い」「飛び上がりそうになるほどの痛さ」というコメントを見ると、尻込みしてしまいますよね。

 

実際のところどうなの?
女性アップ

 

脱毛ワックスは一気に毛を毛根から引き抜くので、確かに痛みはあります。でもプロが施術するブラジリアンワックスの店でも、うまい人にしてもらうと痛みはほとんどなく効果もバッチリ。

 

セルフでやる場合、間違った方法だと痛みだけが増して苦戦してしまうことも・・。

 

脱毛ワックスが痛い原因とは?

 

ワックスが根元まで塗れていない

 

ワックスを塗る時のポイントは、毛の根元までしっかり塗ること。ワックスを根元に絡ませることでスッポリと抜くことができます。

 

毛先の方にだけしか塗れていないと、毛が引っ張られるだけで痛いのに抜けない・・という残念な結果に。

 

手で押さえていない

 

意外と忘れがちなのが、シートをはがす時に空いているほうの手で肌を押さえておく、ということ。

 

手で押さえて肌がピンと張った状態にしておかないと、皮膚がシートに引っ張られてしまい痛い上、毛もうまく抜けません。

 

毛が長い

 

ワックスのタイプによりますが、温めず使うタイプで、サロンでも多く使われている水溶性ワックスは5mm〜1cm程度の長さが必要です。

 

長いほうがワックスがよく絡んで抜けやすいのでは?と思いますが、ワックスを塗る時に引っかかりプチプチ抜けて使いづらいです。

 

適当な長さに切りそろえておくことも大切ですよ。

 

痛みを緩和する3つの方法

お風呂

 

温めて毛穴を開いておく

 

脱毛前に蒸しタオルなどで肌を温め毛穴を十分開いておくと、痛みが軽減できる上脱毛効果もアップ。お風呂上りもおススメです。

 

肌は水気が残らないようしっかり拭いておいてください。

 

脱毛直後に手で押さえる

 

シートをはがしてすぐに手で脱毛箇所を押さえると痛みがましになるので試してみてください。

 

また、ワックスが終わった後の肌は赤みやほてりが出ます。手持ちの保冷剤や冷おしぼりなどでアイシングすると鎮静するのも早いですよ。

 

生理前/生理中は避ける

 

女性の場合、ホルモンの関係で生理前や生理中は肌が敏感になっています。普段より痛みを感じやすくなっているので、その期間は避けたほうが無難ですよ。

 

ライン

 

脱毛ワックスは続けているうちに毛が減ってきて毛根も弱くなる傾向があるので、痛くなくなってくるものです。

 

これだけワックス専門サロンが多く、豊富にワックス剤が普及して愛用者も多いということは、「痛いけど便利」「ツルツルになれる」というメリットのほうが大きいから。

 

痛みの感じ方は個人差があります。気になっている人は、まずは試してみてはいかがでしょうか?