セルフでもOK!アンダーヘアのワックス脱毛の基礎知識

女性モデル

ブラジリアンワックスという言葉が浸透してきて、専門のサロンも増えてきました。

 

アンダーヘアの脱毛といえばブラジリアンワックスの他にも、エステ脱毛や医療脱毛がありますが、欧米ではブラジリアンワックスが一般的です。

 

スピーディで簡単にツルツルになれるのが人気の理由のようです。

 

セレブから広がったハイジニーナ人気

 

海外セレブの中ではアンダーヘアの処理は常識。グウィネス・パルトロウやキム・カルダシアンを始め多くのセレブが完全に処理をしています。

 

日本でもモデルのマリエや道端アンジェリカがハイジニーナ代表選手ですよね。その影響で日本の女性の間でもアンダーヘアヘアの処理が浸透しつつあります。

 

最近では男性の中でも脱毛をする人が多くなってきました。

 

どうして「ブラジリアン」というの?

 

リオのカーニバルなど肌を露出するシーンではムダ毛の処理が常識。そんな背景から生まれたのがワックス脱毛。

 

ブラジリアンワックスはブラジル生まれの脱毛法のため、とその名前で呼ばれるようになったとか。

 

名前はブラジリアンですが、脱毛ワックスの歴史は古く、古代ギリシャの時代までさかのぼります。

 

 

脱毛ワックスは何でできているの?

 

ワックスとはその名の通り松ヤニやみつろうなどを素材にしています。天然素材を用いているのでナチュラルな脱毛方法です。

 

 

脱毛ワックスの種類

ワックス

 

脱毛ワックスは大きく分けて水溶性と油性に分かれています。
油性ワックスの中でもソフトワックスとハードワックスがあります。

 

水溶性ワックス

シュガーワックス・ハニーワックスと呼ばれるもので、シートを使用します。

 

ある程度の長さ(1cm)が必要です。

 

低刺激で肌に残っても水で簡単に洗い流せます。松ヤニアレルギーがある人でも使用できます。

 

油性ワックス

 

ソフトワックス

シートを使用します。短い毛(5mm程度)や細い毛でも脱毛できます。
肌に残った場合はオイル等で拭き取ります。
効果が高い分、他のタイプに比べ肌への負担がかかるのでアフターケアが必須です。

 

ハードワックス

温めて使うタイプでシートを必要としません。2mm程度の短い毛でも脱毛できます。
肌に残った場合はオイル等で拭き取ります。
肌への負担は軽いものの、熱で溶かしたものを肌につけるためやけどに注意しなければいけません。

 

ライン

 

海外のサロンではハードワックスが主流です。

 

脱毛ワックスは市販のものを使ったり、台所にあるもので手作りワックスを楽しむこともできます。

 

エステ脱毛や医療脱毛は高額で完了するまでに長い期間を要します。その間は日焼けも厳禁。

 

手軽にアンダーヘアの脱毛をしたいなら、ブラジリアンワックスが最適ですよ!